おっぱい・乳首が感じない理由とは?胸への愛撫が気持ちよくなるコツを紹介

おっぱい・乳首が感じない理由とは?胸への愛撫が気持ちよくなるコツを紹介

公開:

「おっぱいを揉まれても気持ちよくない私っておかしいのかなぁ」
「乳首が全然感じないから前戯が盛り上がらない!何が原因なの?」

おっぱいや乳首が感じないとお悩みの女性は、こんな不安や疑問をお持ちかもしれません。

おっぱいや乳首の愛撫はラブタイムで定番の前戯。
ところが、彼が頑張って愛撫してくれるのに気持ちよくないと、「自分の体質が変なのかも…」なんて不安になりますよね。

結論から言うと、おっぱいで感じないのは感度が未開発なのと、気持ちよくなれる刺激が分からないのが原因。
その原因に対してしっかり対処すれば、おっぱいで感じられるようになりますよ。

この記事では、おっぱいが感じない原因と対処法を詳しく解説し、性感帯開発できるオススメグッズも紹介します。

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

おっぱい(乳房)が感じない理由

おっぱい(乳房)が感じない理由

おっぱいは元々性感帯ではありません。
クリトリスや膣のように神経が集まっている部位ではないため、触られても「お腹を撫でられているのと変わらない」と感じるのが一般的です。

ですが、中にはおっぱいをマッサージされると気持ちよく感じる女性がいます。
その理由は、これからご紹介する3つの条件を満たしているから。

  • 1. 「おっぱい=快感」の関連付け
  • 2. 気持ちよくなる触り方
  • 3. おっぱいの感度が高い

この3つのうち1つでも欠けると、おっぱいで気持ちよくなれません。
逆に、この条件を満たせばおっぱいで感じられるようになります。

おっぱいの感度を高めて快感に浸れる
ピンクラブカップ

乳首が感じない理由

乳首が感じない理由

乳首は快感を感じる神経が集まっている部位ですが、感度には個人差があります。
ですので、乳首の感度が鈍感でも、逆に敏感すぎても気持ちよくなりにくいです。

乳首が感じない理由はおっぱいと同じ条件で、やっぱり1つでも欠けると快感を得られません。

おっぱい・乳首で気持ちよくなるコツをそれぞれご紹介!

おっぱい・乳首で気持ちよくなるコツをそれぞれご紹介!

先ほど、おっぱいや乳首で感じるのは、3つの条件が満たされるからとご紹介しました。
それぞれの条件を満たすコツを詳しく解説しますね。

おっぱいで気持ちよくなるための3つのポイント

おっぱいで気持ちよくなるための3つのポイント

おっぱいをマッサージされて気持ち良く感じるポイントは3つ。

  • 1. おっぱいを愛撫されるのは気持ちいいとイメージする
  • 2. スペンス乳腺を効果的に刺激する
  • 3. スペンス乳腺の感度開発をする

おっぱいは感覚神経の少ない感度の鈍い場所だとご紹介しましたが、「胸を愛撫されると気持ち良い」と脳にインプットすれば、これまで何も感じなかった刺激が快感に変わります。

一種の自己暗示のようなものですが、オカルトや都市伝説などではなく、クリトリスや膣の感度開発でも「刺激すると気持ちいい」と思い込むのは大変重要です。

「おっぱいへの刺激=快感」と脳に覚えさせるには、自分で胸を揉みながら別の性感帯を触って気持ちよくなるのがコツ。

おっぱいを触っている時だけ気持ち良い体験を繰り返すと、脳が胸の刺激に対して反射的に快感を覚えるようになるんです!

また、おっぱいにはスペンス乳腺と呼ばれる性感帯があります。
スペンス乳腺の開発をすれば、おっぱいの愛撫が劇的に気持ちよくなりますよ。

ただ、スペンス乳腺は多くの女性にとって馴染みが薄く、ほとんど開発されていません。
これから、スペンス乳腺の開発方法を簡単にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スペンス乳腺は脇の下の横乳にある性感帯

スペンス乳腺は脇の下の横乳にある性感帯

スペンス乳腺は「おっぱいのGスポット」とも言われる性感帯で、開発すると軽く揉むだけで快感が得られるようになります。

スペンス乳腺の場所は、脇の下とおっぱいの横の境界付近の部分。
手を交差させておっぱいを包むように持った時に、親指以外の指先が触れるあたりが目安です。

スペンス乳腺のあたりはリンパ管がたくさん通っているので、マッサージすると血行が良くなり、おっぱい全体が敏感になります。

また、おっぱいの脂肪に邪魔されず筋肉に触れられるため、くすぐられるような感覚が楽しめる部位なんです。

エッチな気分になってスペンス乳腺を大きく刺激

エッチな気分になってスペンス乳腺を大きく刺激

スペンス乳腺の開発方法はとても簡単!

  • 1. エッチな妄想や動画で興奮する
  • 2. スペンス乳腺のあたりをマッサージする

たったこれだけです。

ただ、ほとんどの女性が未開発な性感帯ですので、最初は何も感じなかったり、くすぐったかったりして快感には程遠いかもしれません。

エッチな妄想や動画で興奮したら、スペンス乳腺を指先でフェザータッチしたり、筋肉を揉みほぐすように刺激したりしましょう。

気持ちよくなくても、くすぐるつもりで刺激し続けるのがコツです。
回数を重ねるうちに「くすぐったさ」から「快感」に変わります。

スペンス乳腺の開発ができると、刺激するだけで体がのけぞるほど気持ちよくなり、イクこともできますよ。

とても根気のいる開発方法ですが、チャレンジする価値はあります。
ぜひ、スペンス乳腺の開発にトライしてみてくださいね。

乳首で気持ちよくなるための3つのポイント

乳首で気持ちよくなるための3つのポイント

乳首を愛撫して気持ち良く感じるポイントも、おっぱいと同様3つあります。

  • 1. 一番気持ちいい触り方を知る
  • 2. 乳首の感度開発をする
  • 3. ラブグッズを使う

乳首は感覚神経が多く集まる部位で、上手に刺激すれば快感を得やすい性感帯です。

乳首の感度は個人差が大きく、鈍感な方と敏感な方では刺激法が違います。

敏感な女性は、乳首に触れるか触れないか程度に優しく撫でてみましょう。
また、乳頭と呼ばれる乳首の突起部を優しくつまんで、さするように動かすと気持ちよく感じやすいです。

鈍感な女性は、ギュッとつまんだり、ひっぱったり、乳首をおっぱいに押し付けてグリグリ動かしたりすると、気持ちよいポイントが見つかるでしょう。

それでも気持ちいいポイントが見つからなければ、乳首の開発が必要かもしれません。
ただ、乳首の開発はどうやったら良いか分からない女性も多いはず。

そこでオススメなのが、乳首の刺激に特化したバストローターです。

バストローターはヌーブラのように、おっぱいに貼り付けて使うラブグッズ。
乳首に当たる部分に小さなローターが仕込まれていて、振動で快感を得られます。

乳首は摩擦よりも振動の方が快感を意識しやすい部位。
バストローターの振動で気持ちよくなれば、あとは使い続けるだけで乳首の開発がグングン進みます。

また、ローションを使って滑りを良くするとより気持ちよくなり、さらに効果的ですよ。

乳首をピンポイント刺激で快感
ピンクラブカップ

おっぱい・乳首の感度アップに最適!ピンクラブカップ

ここまで、おっぱいと乳首で感じない理由、気持ちよくなるコツについて解説しました。
この項目では、おっぱいと乳首が同時に気持ちよくなるラブグッズをご紹介します。

それはLCラブコスメのバスト専用ローター『ピンクラブカップ』
ピンクラブカップの特徴をまとめましたので、ぜひご覧ください!

ピンクラブカップ

ピンクラブカップのオススメポイント

両胸に貼り付けて振動の快感が楽しめるバスト専用ローター

プニプニした無数の突起が乳首を刺激して気持ちいい♡

IC制御で3段階の振動調節!感度に合わせて刺激を選べる

プルプル感触がおっぱいを優しく包み込み使い心地最高

体に優しいエラストマー素材だから安全

充電時間なし!すぐに使える電池タイプ

ピンクラブカップの気になるポイント

あまり市販されていないマンガン単三電池を推奨

「音が大きい」との口コミもチラホラ…

ピンクラブカップはバストローターの定番アイテム。

ピンクラブカップはヌーブラのようにおっぱいに貼り付けて、ハンズフリーで振動を楽しめます。
ちょうど乳首のあたりに小型ローターが内臓され、裏側にはプニプニした柔らかいツブツブがあり振動と摩擦、ダブルの刺激が気持ちいいです。

また、ピンクラブカップの素材は医療現場でも使われるエラストマーだから安心・安全。
さらに単三電池2本で動作するから、自宅に届いてすぐに使えます。

気になるポイントはマンガン単三電池を推奨しているところと、動作音が大きいところ。
マンガン単三電池は販売元のLCラブコスメで購入できるので、ピンクラブカップと合わせ買いすると◎です。
動作音の問題はピンクラブカップを装着した上から服を着たり、音楽をかけたりすれば音を抑えられます。

おっぱいを覆うように装着できるピンクラブカップなら、振動で乳首と胸全体が手軽に気持ちよくなれますよ。

ピンクラブカップを使い続ければ、おっぱいと乳首の開発ができるので、感じなくてお悩みの方にオススメです!

おっぱいと乳首をまるごと刺激
ピンクラブカップ

おっぱいで感じないのがお悩みの皆様へ…

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
おっぱい・乳首が感じない原因と対処法、オススメグッズについてご紹介しました。

「全然おっぱいと乳首で感じられないけど、本当に気持ちよくなれるの?」
「可愛いデザイン…だけど彼や家族に見られたらどうしよう…」

ここまでお読みになった方は、こんな疑問や不安をお持ちかもしれません。

おっぱいを触っても感じない今、感度が磨かれて性感帯になるのは想像しにくいですよね。
そんな方は、ピンクラブカップの口コミがとても参考になります。

「使い続けてますが、あまり乳首では感じなかったのに感度が良くなった気がします」
「初めは感じませんでしたが、毎日使うと徐々に乳首の感度が上がりました」
「最初は感じられず失敗した…と思ったら毎日オナニーで使ううちに自分で分かるくらい感じられるようになりました」
「こそばかゆい不思議な感覚でしたが、気持ちいい感覚に変わり敏感になったと自覚できます」

ピンクラブカップの口コミには、こんな風に「最初はおっぱいや乳首が感じないけど、使ううちに気持ちよくなった」といったコメントで溢れています。

ピンクラブカップを使えば、ここでご紹介した口コミにあるように、おっぱいや乳首で感じられるようになりますよ。

ただ、ピンクラブカップはピンク色のかわいいデザインですが、見た目はいかにもラブグッズです。

アイテムを購入して、もし荷物を彼や家族に見られたら…。
ラブグッズの購入で、こんな心配をされる女性はとても多いです。

しかし、この点はまったく心配ありません。

発送時は無地のダンボールに梱包されますし、配送伝票は品名と送り先を購入時に選べるから箱の外観から中身がバレません。

また、ピンクラブカップは色付きのプチプチで包まれ、箱を開けられても中身が見えない工夫がされています。
その上、コンビニ受け取り、配送業者の営業所留め、親展にでき本人のみ受け取りできる発送指示ができるんですよ。

こんな風にプライバシー配送が徹底されているから、ピンクラブカップの購入は誰にもバレません。
だから安心してピンクラブカップを購入できますよ。

ピンクラブカップはおっぱいや乳首の感度を高めつつ、バストケアできる一石二鳥のラブグッズ。
おっぱいの感度でお悩みの女性が、ピンクラブカップを使って感度磨きの効果に満足しています。

「オナニーやラブタイムで胸の愛撫をもっと楽しめたら…。」
「自分のセクシーな反応で彼が喜んでくれたら…。」

ピンクラブカップならおっぱいや乳首の感度不足を解決し、こんな望みを叶えてくれます。

ピンクラブカップの詳細や口コミは↓からチェックできます。
ぜひ一度、のぞいてみてくださいね。

おっぱいと乳首を同時に感度磨き
ピンクラブカップ


【関連記事】